So-net無料ブログ作成

書籍『Kubernetes in Action』 [プログラマー現役続行]

Kubernetes in Action

Kubernetes in Action

  • 作者: Marko Luksa
  • 出版社/メーカー: Manning Publications
  • 発売日: 2018/01/20
  • メディア: ペーパーバック

メルペイで5か月が過ぎました」でも書きましたが、今年の6月にメルペイ社に入社して読み始めたのが『Kubernetes in Action』です。メルペイ社では、Go言語を用いてマイクロサービスで開発していますが、各マイクロサービスはKubernetes上のPodとして動作します。

基盤としてKubernetesを使っているとはいえ、細かな設定などはSREチームが行っているので、細かな仕様を知っている必要はないのかもしれません。しかし、やはり使っている技術はきちんと学ぶのが基本ですので、どの本がよいかをAmazon.comで調べてこの本を選びました。ただし、出版元のManning PublicationsからPDF版を購入しました。

この本は大きく、3部から構成されています。
Part 1 Overview
Part 2 Core Concepts
Part 3 Beyond the Basics
Part 1は、導入部分であり概要が説明されています。Part 2では基本的な事柄が説明されています。Part 3は、どのような仕組みで動作しているかや、さまざまなリソースのチューニングなどが説明されています。

実際にテキストの指示に従って、Google Cloud Platform上にクラスタを構築しながら、手を動かして読み進めて理解を深めることができます。私自身は普段の開発に必要なさまざまなツールの設定はこの本の指示に従って行いましたし、日々の開発に必要とするKubernetesの知識もこの本で学びました。普段手に取って簡単に参照できるように、紙の本を会社で購入したのですが、紙の本は図が白黒なので、読むのにはPDFの方がよいかと思います。

前職のソラミツ社ではgRPCを用いた開発は多少しましたが、Backendのサービス開発は初めてと言ってもよいです。Fortranでプログラミングを初めて学んでから40年が過ぎましたが、ソフトウェアにはエンドレスに新たな技術が登場します。そのため、学び続けるのと、実際に作り続けることが必要な領域だと思います、



スポンサーリンク





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント