So-net無料ブログ作成

初めての海外生活から30年 [その他]

生まれて初めて日本を出て、米国のEl Segundo, CAに赴任したのが、いまから30年前の1988年11月でした。29年間ずっと日本にしか住んだことがなく、海外旅行もしたことがなかったのですから、不安だらけの赴任でした。

3年のLビザでしたので3年以内で日本に帰国する予定でしたが、実際にはビザを一回更新して、4年半を米国で過ごしました。赴任したのが28歳でしたが、誕生日の直前だったので、ほぼ29歳からの4年半でした。今から振り返ると、24歳で就職して29歳で海外駐在できたのは幸運だったと思います。

当時Salientと呼ばれるプロジェクトのために、私と同年代の20名以上のソフトウェアエンジニアが富士ゼロックス社から米国西海岸の米国ゼロックスのソフトウェア開発組織に送り込まれました。北はSunnyvale, CAで、南はEl Segundo, CAでした。

米国ゼロックス社は、Altoワークステーションを開発したことで有名ですが、商業ベースのStarワークテーションを開発してきた組織へ多くのソフトウェアエンジアが送り出されました。私が配属されたグループは、VP Document Editorと呼ばれるワードプロセッサソフトウェアを開発しているグループでした。

Salientプロジェクトは、StarワークステーションのMesa言語で書かれたソフトウェアをSunワークステーションへ移植するプロジェクトでした。そのため、プロジェクトの終盤は、あまり楽しくないプロジェクトになっていました。赴任当時いた多くの優秀なソフトウェアエンジニアは、辞めていくだろうという思っていたのですが、実際に辞めていきました。

初めての海外が29歳、今は59歳です。時の流れを速く感じます。



スポンサーリンク





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント