So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

API仕様を書く(3) [API仕様を書く]

(「API仕様を書く(2)」からの続き)

私自身が開発のグループリーダーであった1701Gであった2013年7月から2015年5月までの期間を除けば、リコーでの8年間は、自分で何かを設計することは非常に少なく、誰かが設計したものをレビューすることが圧倒的に多かったです(残念ながら1701Gのときも、私自身はレビューやデバッグをすることはあっても、自分で設計や実装まで行うことは少なかったです)。

2009年9月にリコーで働き始めたのですが、当時はある大規模なソフトウェア開発がJavaで行われていました。しかし、ソフトウェア開発経験が浅いソフトウェアエンジニアが大量に投入されていて、誰も『プログラミング言語Java 第4版』も『Effective Java 第2版』を読んだことがない状況でした。それに加えて、マルチスレッドプログラミングが行われており、私がレビューしたほとんどのコードは間違っていました(「マルチスレッドプログラミングにおける重要な4要件」)。それで、やはりきちんと学習させる必要があるということで、リコーでもJava研修を始めることにしました。

1701Gの期間を除けば、様々なソフトウェア開発組織の新規APIのレビューやコードをのレビューを行っていたのですが、振り返ってみると、やはりAPI仕様を書くことは、多くの開発者が不得意としていたという印象があります。特に、NDAを結んで外部のサードベンダーに公開するSDKのAPIに関しては、使う側のことを考慮したAPIに出会うことは少なく、様々な修正を指導していました。

今から言えることは、きちんとしたAPI仕様を書かせるには、「場」である開発の現場で指導し続けなければならないということです。そして、「指導し続ける」には、以下の条件が揃っている必要があると思います。
  1. 指導対象者のエンジニアより、開発組織内で高い地位にあること
  2. 自分の部下を育成するという意味で指導を根気よく続けられること
同じ年代のエンジニアに何かを注意したり指導したりするのは、なかなか難しいです。さらに、別の組織やグループのエンジニアに対して指導するのはさらに難しいです。そのため、やはり1.が重要だということです。講演で、「どのようにして指導してきたのですか」と聞かれることがあるのですが、「開発部長としての立場で強制的に指導していました」と答えることが多いです。それは、API仕様を書くことだけでなく、テストファーストで開発することや、不具合が発生したら再現テストを最初に書かせるといったさまざまなソフトウェア開発の側面での指導が含まれます。

リコーでの最後の2年は、1.の条件は成立していなかったのですが、私のレビューを積極的に受けていたのは、その多くが私のJava研修の修了生達でした。

(続く予定)



スポンサーリンク





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント