So-net無料ブログ作成

Java研修 (4) [プログラミング言語Java教育]

予習準備に対する教育での工夫

現在は、受講生は予習を行い、研修(通常は金曜日)がある週の初めに以下のものを事前提出しなければなりません。
  • テキストの予習範囲内の不明点の質問表
  • 練習問題、GUI課題のソースコード
研修を始めた2000年の頃には、事前提出は一切行っておらず、研修当時に持ってくるという形式で行っていました。しかし、そうすると次のようなことが発生していました。
  • 予習をせずに研修に来る人がいる
  • 研修日の前夜に徹夜する
予習せずに研修に来た受講生は、その場で帰らせたりしたこともあります(実際には職場に戻らせるのですが)。

このような課題を解決するために、第何回からは覚えていませんが、途中から現在のようにすべて事前提出方式にしました。ただし、この方法は、提出物を整理するのが面倒なのですが、当初は私自身で行っていました。

しかし、第11期からは事務局業務を別に行う人を用意してもらっています。事務局は、実際に受講生だったりするのですが、集める方法も様々な工夫が行われたりしています。


スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました