So-net無料ブログ作成

通勤電車の書斎化(2) [朝型]

3年半前に「通勤電車の書斎化」を書いています。現在はどうなっているかというと、6社目となる現在の会社では、田園都市線(半蔵門線)で通勤するため、自宅の最寄り駅から始発(初電)の5時54分に乗車しています。

2駅で終点なので、そこで各駅停車に乗り換えます。この時間は確実に座れます。もっと遅い時間でも各駅停車には座れます。問題なのは、会社の最寄り駅までの間で、ノートPCを開いてどれだけ快適に作業ができる混み具合かということです。

田園都市線は混むことで有名ですが、遅い時間に乗車するとかなり混みます。そして、ノートPCを開いて作業ができるような状況ではなく、目の前の人がかなり近くまできます。つまり、座れても作業ができないのです。したがって、最寄り駅では始発に乗車します。そうすると、それほど混むこともなく、ノートPCを開いていても快適に作業できます。

電車内では、着脱式の覗き見防止フィルターを使っています。着脱式なので便利なのですが、ディスプレイの下(MacBookでDockのアイコンが並んでいる部分)はピッタリと張り付いていなくて少し浮いていて、ぼやっと見えます。


電車の中では会社の仕事をする訳ではなく、プライベートの翻訳作業が圧倒的に多いです。次に多いのは、技術書の原著のレビューです。どちらもないときは、技術の学習をしていたりします。今年は、ずっとある本の翻訳を行っていましたが、私の方の作業はすべて終わっています。出版は、おそらく年末になるかと思います。一方、今年レビューした技術書はこちらです。

朝は、会社の最寄り駅に到着するのが7時過ぎです。それから、スターバックスに行って、8時30分頃まで作業を続けて、それから出社します。

現在は、変則的な勤務をしており、16時に退社して、18時から20時まで家で仕事をしています。リコーに勤務していた頃と違って、API仕様・テストコード・実装を書いたり、PullRequestをレビューしたりと、終日ソフトウェア開発をしていることが多いです。そのためか、それとも、年齢的なことなのか、あるいは、朝起きてから13時間以上経過しているからかもしれませんが、16時に退社して電車は座れるのですが、疲れから30分ぐらい寝ていることが多いです。


スポンサーリンク





コメント(0) 

早朝のオフィスでコーヒーを飲む [朝型]

プログラマー”まだまだ”現役続行 (技評SE選書)

プログラマー”まだまだ”現役続行 (技評SE選書)

  • 作者: 柴田 芳樹
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2010/09/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

第7章「朝型力」からです。

早朝のオフィスでコーヒーを飲む

 集中して仕事をする必要があるソフトウェア開発では、静かな時間を会社で見つけ出す必要があります。その時間を見つけ出すのは、容易ではありません。特に日本ではそうです。
 私の場合、米国に駐在した五年間は個室勤務でしたが、日本で個室だったことは一度もありません。そのため、集中してソフトウェアを開発する場合や、技術書の学習をするには、誰もいない早朝に出社する必要がありました。
 1984年に24歳で社会人となって、実際のソフトウェア開発に従事しはじめた頃から、1988年暮れに米国に駐在するまでは、帰りも遅く忙しい日々を送っていました。
 その中で、学習時間を捻出するために、とにかく会社には、始業1時間前の7時台前半に出社して専門書の学習をしていました。米国駐在を終えて、1993年に帰国してから1999年までも同様でした。
 40歳になった2000年からは、翻訳活動や雑誌に記事の執筆をするようになり、朝の貴重な時間は自宅でそれらの活動に充てていますので、出社は9時前後となっていました。
 2009年に転職してからは、フレックス勤務制度でなくなり、通勤も遠くなったため、勤務先の最寄り駅まで早く到着して、最寄りのマクドナルドやスターバックスで、1時間程度、翻訳や執筆を行って出社しています。
 誰も出社していないオフィスは、静かで非常に気持ちがいいものです。40歳までは、朝、出社してまずはコーヒーを入れて、コーヒーを飲みながら集中して学習や業務に取り組んでいました。
 特に私がいちばん好きだった朝は、ジャストシステムの徳島本社に勤務していた頃、冬に和歌山県側の水平線上の朝日を見ながらコーヒーを飲む朝でした。

『プログラマー”まだまだ”現役続行』(p.152)

コメント(0) 

まだ朝は明るいですが(2) [朝型]

前回、外出時でも都心へ向かう場合には、始発に乗車するということを書きました。

今日は、田町で午前中、打ち合わせがあるので、いつもの通り始発に乗車し、長津田→大井町→田町と乗り継いで、田町駅には7時過ぎに到着しました。これで、これから何らかの理由で電車に遅延が発生しても、打ち合わせには遅れないことになります。

外出する際には、事前に、スターバックスが近くにあるかを調べておきます。今朝は、スターバックスの田町駅西口店に来ています。ビルの中の一角にある店舗です。店舗の隣には、三菱自動車のショールームでしょうか、車が置いてあります。

普段、海老名へ外出する際によく行っている海老名のビナウォーク内のスターバックスとは異なり、ここの店舗は、出社前に寄っていると思われる人々が非常に多いです。それでも、座れないことはないです。

コメント(0) 

まだ朝は明るいですが [朝型]

毎朝、自宅を5時40分過ぎに出て、最寄り駅が5時54分発の始発の電車に乗車しています。この季節は、まだ明るいですが、ひと月もしないで、暗い時間帯となります。冬になれば、朝は暗いですし、帰宅時も暗いです。

通勤電車に座って、書斎化(「通勤電車の書斎化」)するために早い時間に家を出るのですが、書斎化だけでなく、いくつかの利点があります。
  • 勤務先、あるいは、外出先の最寄り駅まで朝早く行くため、始業時刻や外出先での仕事を始める時刻より前に、交通機関が何らかの事故で止まっても、遅刻することがありません。
  • 途中で何らかの理由で乗車した電車が遅れたとしても、とくに遅刻を気にする必要はありません。
  • めったにないですが、多少朝寝坊したとしても、座っては行けませんが間に合います。

外出といっても、田園都市線で都心へ向かう場合です。逆方向に外出したりする場合には、始発には乗らないことが多いです。

コメント(0) 

朝型 [朝型]

過去、朝型について書いた記事を検索してみたら、以下の記事がありました。
振り返ってみると昔から朝型ではありませんでした。高校生の時は、朝型ではありませんでした。大学の1年生と2年生の2年間は、通学が往復5時間だったので朝は早くは出ていたと思います。3年生から大学の正門から1分の所に住むようになって、全く朝型ではありませんでした。むしろ、昼夜が逆転してることもありました。

やはり、朝型になったのは就職してからということになります。
コメント(0) 

通勤電車の書斎化 [朝型]

昨年の4月に転勤してから、通勤が片道90分弱を要するようになりました。電車は2回乗り換えます。しかし、出勤も帰宅もできる限り座ってノートパソコンを開いて翻訳などの作業をするようにしています。

出勤で座るために、朝は、最寄り駅から5時54分発の始発に乗車しています。確実に座れます。始発に乗車して、2駅目がすでに路線の終点なのですが、そこで1回目の乗り換えをします。その時間だと、6時9分の始発の急行に乗車することができます。これも確実に座れます。急行で30分ほどして、2回目の乗り換えをしますが、それは、会社の最寄り駅の1つ手前の駅です。

この急行は、朝の時間は1本しかありません。それ以外の急行はすべて会社の方向とは違う渋谷に向かってしまいます。つまり、この1本に乗車するために始発に乗車しているわけです。

会社の最寄り駅に到着するのが6時45分です。勉強会がある日は、そのまま会社に向かいますので7時は到着します。勉強会がない日は、マクドナルドに寄って珈琲を飲みながら翻訳等の作業をします。

帰宅する際には、最寄り駅の次の駅で急行待ちすることになる各駅停車に乗車します。そうすると、確実に座れます。それから終点まで行って、再度乗り換えます。ここでも各駅停車に乗り換えます。そうすると、1駅か2駅ぐらいで座れます。

最後の乗り換えでは、時間帯によっては座れないこともありますが、2駅しかありませんので、それほど問題ではありません。

できるだけぎりぎりに会社に到着するような急行で出社したり、帰りも急行を利用すると、ほぼ座れないです。それに、毎日、混んだ満員電車で立ったまま通勤するといった「ストイック」なことはできないです。毎朝、始発に乗ることがストイックだと思われがちですが、私からすると混雑した満員電車で毎日通勤することの方がストイックだと思います。

通勤時間は長いですが、座って作業をすることで、以前なら出社前に家の書斎で行っていたことの一部を電車の中で行っていることになります。
コメント(0)