So-net無料ブログ作成
検索選択

Java研修 (6) [プログラミング言語Java教育]

GUI課題

Java研修 (5)」での年間のスケジュールを紹介していますが、その中に、GUI課題というのがあります。その内容は、以下のPDFに書かれています。

http://www001.upp.so-net.ne.jp/yshibata/GUI.pdf

前半は、AWTのみを使用し、後半はSwingを使用します。AWTを使用するのは、現実にはほとんどAWTでプログラミングすることはないので、AWTプログラミングを一度は経験してもらい、特に、ダブルバッファリングを自分で行ってもらうためです。

AWT学習のために以下の参考図書を指定しています。

グラフィックJava2〈Vol.1〉AWT編 (サンソフトプレスシリーズ)

グラフィックJava2〈Vol.1〉AWT編 (サンソフトプレスシリーズ)

  • 作者: デビッド ギアリー
  • 出版社/メーカー: アスキー
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 単行本

現在は中古品しか購入できませんが、入手することは可能です。

しかし、最近の受講生は、中古品も入手しないし、最初から参考図書を読む気がなかったりします。その結果、第18期生では、以下のようなことが起きました。
  • AWTと指定しているのに、Swingで作成してくる。
  • 無名内部クラスを使用しないで、GUI課題を作成してくる。
『プログラミング言語Java第4版』の第5章「ネストしたクラスとインタフェース」に関して、「無名内部クラスはどのような場合に使用するのですか」と質問されたので、全員のGUI課題のソースコードを見ると、Java 1.0の頃にそれ以外の方法がなかった書き方(FrameクラスのサブクラスでXXXListenerをすべてimplementsとするというやり方)をしているのには呆れてしまいました(いったいどこのコードを参考にしているのかと)。

GUI課題は、基本的にデジタル時計です。これは、第1期の頃から続いている同じテーマです。第10期までは、指定された機能以上のものを作成する受講生が多く、毎回どんな機能が搭載されているか楽しみでした。しかし、第11期以降は、課題通りにしか作成しない受講生が多いため、わざわざ、「上記条件は最低限の条件です。上記条件を満たして、自分なりの創意工夫をしたデジタル時計を作ってきてください。」と一言追加しています。しかし、課題通りの(あるいは課題を満たしていないしていない)デジタル時計しか作成しない受講生が近年多くなっています。

12冊目の翻訳本 [プログラマー現役続行]

Programming in Objective-C (5th Edition) (Developer's Library)

Programming in Objective-C (5th Edition) (Developer's Library)


私にとって12冊目となる翻訳本の作業が1月末に終了しました。刊行日や日本語タイトル等は未定です。原著は第5版ですが、日本語版に翻訳されたのは今回が初めてとなります。

索引まで入れると500頁を越える本なので、私的な時間に行う翻訳作業は約9ヶ月を要しました。原著は、第5版で昨年12月出版ですが、翻訳は第4版で始めていて、途中で第5版が出版されたために第5版の翻訳となっています。

5年前に書いた「技術書の翻訳」では、高嶋優子さんの次の言葉を引用しています。
質が悪く、誤植の多い訳書があるのも確かですが、それを非難ばかりしていても仕方ありません。実際、技術書の翻訳はそう簡単にできるものではないのです。英語力はもちろん、ドメインの知識、日本語力、さらに、体力も気力も必要とされる作業です。

(途中省略)

技術翻訳は、報酬だけをモチベーションに「バイト」として続けられる作業ではないのです。技術翻訳に携わる者のはしくれとして、この業界で翻訳に携わっている人たちは、あくまでも「趣味」だと考えて楽しみながら、さらに、ほかの人にもこの本を読んでもらいたいという想いを持ちながら訳しているのだという点を、読者の方々には理解してもらいたいと感じています。
高嶋優子、「翻訳に学ぶ」(Engineer Mind, Vol.9、技術評論社)
40歳の時に、あるきっかけで始めた翻訳ですが、私自身は翻訳を通して多くのことを学んできました。プログラミング言語関連だけでも、Java、Go、Objective-Cとなります。

ソフトウェアエンジニアとしてもっとも衝撃的だった本は、『Effective Java プログラミング言語ガイド』でした。2001年に原著が出版されて、日本語版も2001年に出しています。私自身は、1996年からJavaを独学して、2001年当時はJava PRESSにJava関連の記事を書いていました。しかし、『Effective Java』を読んで、いかに自分のレベルが低いかを痛感しました。私が41歳の時です。そして、その後の私自身のソフトウェア開発に最も影響を与えた本です。

高嶋さんが述べられているように、技術書の翻訳はバイトとして続けられるものではなく、ある種の義務感を感じながら、他の人にも読んでもらいたいという想いを持っていないと続けられないと思います。