So-net無料ブログ作成
検索選択

Hello World!から始まる旅 [プログラマー現役続行]

翻訳した時には何度も読み返したはずなのですが、覚えておらず、知り合いのブログで引用されていたので、改めて『アプレンティスシップ・パターン』を開いてみました。

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)

アプレンティスシップ・パターン ―徒弟制度に学ぶ熟練技術者の技と心得 (THEORY/IN/PRACTICE)


序論(p.3)に次のような記述があります。
本書の執筆中、私達は、ソフトウェア職人気質の原則と理想から強く影響を受けました。実際、本書のタイトルはそれを反映しています。徒弟制度の考えは、中世の専門技能職モデルに基づいています。そこでは、共に働く人々が小さなチームを形成し、経験の浅いアプレンティスがジャーニーマンと熟練職人の仕事を手伝います。本書の目的の 1 つは、ソフトウェアを作ることが好きな人々をその技芸に集中し続けさせることです。本書で述べられている旅は、「Hello World!」から始まります。しかし、どこで終わるのでしょうか。多くの場合、それは中間管理職への昇進で終わります。あまりにも多くの才能に恵まれた人々が、よく考えないでその昇進を受け入れ、そして、数年後には仕事を楽しんでいないことに気付き、引退する日を待ち望んでいるのです。ソフトウェアを開発する才覚を持ち、学習プロセスを楽しんでいる人々にとって、ソフトウェア開発は、一生続けられるキャリアであり、素晴らしい旅であり得るのです。
私自身は、まだ旅を続けているつもりですが、もっと多くの時間を費やさなければならないと感じている日々です。

Kindle版の電子書籍(2) [プログラマー現役続行]

よく聞かれる質問で、「どうやって書籍(技術書)を選んでいるのでしょうか?」という質問があります。ということで、あるソフトウェアに関する書籍を探す場合には、大体、次の順番で探しているような気がします。
  • Amazon.comでそのソフトウェアをキーワードに検索します。
  • 見つかった本の中での評価、発行日などを見ます。評価は高いほど良いし、発行日は新しいものを選ぶ傾向があります。
  • 決定的なのは、誰が書いたということです。つまり、著者は誰であり、その人は、そのソフトウェアに関してどのように関わってきたのかを調べます。ソフトウェアを作り出した人(達)が書いた本であれば、その本を選択します。
そして、最近は、Kindle版があれば、Kindle版を購入する傾向が強いです。電子版は紙の本と比べると、いざ何か調べようとすると意外と簡単ではないのですが、紙の本は置き場所を必要とするのが大きな欠点です。

Kindle版と紙の本はどちらも長所と短所がありますが、Kindle版を選ぶ傾向が強いもう1つの理由は、購入と同時に読み始められることです。紙の本では、注文してから届くまでに数日、あるいは、数週間を要する場合があります。それと比較すれば、Kindle版はすぐに読み始めることができます。

どうしても、紙の本しかない場合には、Amazon.co.jpにも在庫の有無と値段を確認して、急いで欲しい場合にはAmazon.co.jpで、急がなくて送料を入れても安い場合にはAmazon.comで購入します。

Kindle版の電子書籍 [プログラマー現役続行]

英語の技術書を購入する場合、従来だと、急いで取り寄せて読みたいのであれば、Amazon.co.jpとAmazon.comの両方をチェックして、どちらが安いかとか日本に在庫がありそうかで、注文先を決めていました。

2年前にKindleを購入( 「Kindleがやってきた」)してからは、Amazon.comで電子版を注文することが最近では圧倒的に多くなりました。それでも、以前なら、会社ではPC版のKindleソフトウェアがプロキシ設定ができずに、会社にもKindleを持って行っていました。

しかし、最近では、Kindle用のCloud Readerを利用することで、通常のウェブブラウザーを使用して購入した本を読むことができます。

https://read.amazon.com/

その結果、Kindleを持ち歩く機会はかなり減りました。

Kindle版を読む利点は、リーダーをどれか1つに絞る必要がないことです、Kindle Touch、PC版Kindleソフトウェア、iPad版Kindleソフトウェア、Cloud Readerのどれでも購入した本を読めます。また、リーダー間を行ったり来たりしても、読んだ箇所を同期してくれるので便利です。外出時にはKindle Touch、自宅ではiPad版Kindleソフトウェア、会社ではCloud Readerと使い分けても、一冊の本を読み続けることができます。

もう1つ便利なのは、単語を選択するとその意味を表示してくれることです。英語で意味が表示されるのですが、日本語環境のiPad版Kindleソフトウェアは、日本語で単語の意味が表示されます。