So-net無料ブログ作成

第5期Go研修が終了しました [golang]

リコーを退職後に、個人の活動として始めたリクルートテクノロジーズ社向けのGo研修(2017年11月〜2018年4月)が終了しました。私にとっては通算第5期となります。第5期は8名が修了し、第1期から合計で35名が修了したことになります。

第5期.png
修了生と私

リクルートテクノロジーズ社向けには、現在第6期を開催中であり、7月からは第7期(通常の半年コース)を予定しています。

Go研修では、半年間の6回で書籍『プログラミング言語Go』を学びます。毎回、予習範囲が決められており、事前に予習範囲のテキストを読んで質問をまとめ、練習問題のプログラミングは解いてGithubに入れてもらいます。研修当日は、質問に対する回答や解説をして、練習問題の解答の確認を行います。

プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)

プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES)

  • 作者: Alan A.A. Donovan
  • 出版社/メーカー: 丸善出版
  • 発売日: 2016/06/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今日が最終回でしたので、その簡単な振り返りの発表をしてもらいました。その中からの抜粋です。
  • プログラミング言語をしっかり学ぶということはどういうことなのかを学べた
  • 業務や1人で本を読むだけでは学べなかったであろう知識を得ることができた
  • とにかくコードを書いた6ヶ月だった
  • 楽しかった!知らないことがいっぱいあってそれを知ることができる機会があるのは最高!
  • 基礎から学ぶことで抜けていたことを知ることができた
  • Golangへの理解が深まった
  • goに限らず低レイヤーのことを学べた
  • goに関係ないアカデミックなことも学べた
研修では、スレッドとゴルーチンの違いや、スタックが伸長することのメリット、一般的なマルチスレッドプログラミングの難しさなど、Go言語と直接関係ない基礎的な事柄も必要に応じて説明しました。時間が余れば、『Java Puzzlers』をやったり、私のJaSST Tokyo 2018での講演内容を話したりしました。

修了証書はありませんが、テキストにサインして修了証書の代わりとしました。


スポンサーリンク







スポンサーリンク





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント