So-net無料ブログ作成

『Java Puzzlers』とGo言語(2) [golang]

Java Puzzlers 罠、落とし穴、コーナーケース

Java Puzzlers 罠、落とし穴、コーナーケース

  • 作者: ジョシュア・ブロック
  • 出版社/メーカー: ピアソン・エデュケーション
  • 発売日: 2005/11/14
  • メディア: 大型本
パズル3: 長除法(Long Division)

このパズルは、2 つのlong 値を割るプログラムに関することなので、LongDivision と呼ばれます。被除数は一日が何マイクロ秒であるかを表し、除数は一日が何ミリ秒であるかを表しています。このプログラムは、何を表示しますか?
public class LongDivision {
    public static void main(String[] args) {
        final long MICROS_PER_DAY = 24 * 60 * 60 * 1000 * 1000;
        final long MILLIS_PER_DAY = 24 * 60 * 60 * 1000;
        System.out.println(MICROS_PER_DAY / MILLIS_PER_DAY);
    }
}
このプログラムの実行結果は、5です。その理由は、Javaではint型(上記の数値リテラルはすべてint)から構成される式の演算結果の型はintなので、上記のMICROS_PER_DAYへの代入の右辺の式の計算結果はintに収まらずにオーバーフローが発生しているからです。その結果、小さな値となっており、実行結果が5なのです。

単純にGo言語で書いたコードは次のようになります(対比しやすいように、Go言語の命名規則には従っていません)。
package main

import "fmt"

func main() {
    var MICROS_PER_DAY int64 = 24 * 60 * 60 * 1000 * 1000
    var MILLIS_PER_DAY int64 = 24 * 60 * 60 * 1000
    fmt.Println(MICROS_PER_DAY / MILLIS_PER_DAY)
}
このコードの実行結果は、1000です。その理由は、右辺の式に書かれているものはすべて定数つまり「型付けなし整数」であるため、式の演算はコンパイル時に計算されます。そして、その計算結果の値も「型付けなし整数」なのです。

「型付けなし整数」の値は、型がある変数(上記の場合、int64MICROS_PER_DAY)への代入において、変数の型(int64)の取り得る値の範囲に収まれば、コンパイルされます。収まらなければ、コンパイルエラーです。



スポンサーリンク





コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント