So-net無料ブログ作成

書籍『プログラミング原論』再出版されました [本]

eop.jpg

2010年にピアソン桐原から出版され、その後、絶版になった『プログラミング原論』が、東京電機大学出版局から再出版されました。再出版に際して原著の正誤表をすべて反映していますし、著者による「日本語版の読者へ」(下記)が新たに追加されています。また、本もB5版になり文字も大きくなっています。

プログラミング原論

プログラミング原論

  • 作者: アレクサンダー ステパノフ
  • 出版社/メーカー: 東京電機大学出版局
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

日本語版の読書者へ

 私達は,日本語版の読者向けにまえがきを書く機会を提供してくれた出版社および訳者の柴田芳樹氏に深く感謝しています。
 この本の精神は,日本の美学にあります。この本は,必要最低限の数の言葉で,できる限り多くを説明しようとしています。古くからの俳句のように17語まで減らすことはできませんが,俳句が少ない語数で表現することに影響を受けました。この本は,あまり厚くはありません。実際,無駄な厚みが全くないことを願っています。私達は,すべての言葉が意味を持つように努めました。
 故障しない自動車や修理を全く必要としないテレビでもって,日本のエンジニアが世界を変え始めた頃に,私達は大人になりました。私達の望みは,ソフトウェアに対する私達の取り組みによって,自動車やテレビと同じように頑強なものを,プログラマが作り出すことを可能にすることです。日本のエンジニアのおかげで,一般の人々が自動車に関する機械知識を持っている必要がなく,自動車は常に走ると想定できるように変わったのです。ソフトウェア業界も自動車業界と同じように予想できるようになってもらいたいと思っています。そうすれば,ソフトウェアは,直感的で芸術家肌のプログラマではなく,有能なプログラマによって生み出されるようになるでしょう。
 この本は,出発点に過ぎません。ソフトウェア開発を工業化するための努力のほとんどは,これからの未来に行われます。この本の読者の方々が,その未来をより現実的にしてくれることを望んでいます。
 訳者である柴田芳樹氏には,注意深い翻訳だけでなく,誤りを見つけてくれたことにも感謝します。
Paul McJones,Alexander Stepanov
米国,カリフォルニア州
2015年8月




スポンサーリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました